パート労働者の比率が低下したそうです

厚生労働省が、7日に発表した5月の勤労統計によりますと、パートタイムで働く人の比率は、30.18%と前年同月比0.14ポイント減少。

これは、正社員の割合が増えていることの象徴です。

パート比率の低下幅の大きさは、9年ぶりの大きさ。

1人当たり賃金も、前年同月比0.7%増。物価上昇を差し引いても実質賃金は0.1%増えているという事です。

 

好景気を反映して、企業は正社員の増員、人手不足により好条件の増加。

求職者の方々は、好条件の企業が選べる、働き方も選べる。正社員を希望すれば間口が以前より広がっているようです。

 

また、人手不足で在宅ワークなども拡大中という現象が起こっているようです。産業少ない地域でも出社しなくても在宅でワーク可能。

 

企業も、労働力を探し、求職者の方々もご自身に合った働き方のマッチがより拡大していますね。

 

広島求人.com』では、広島で、地元広島の企業の正社員比率は60%以上掲載。もちろん、広島のパート、アルバイト情報も広島ならではの企業の求人情報がいっぱいです。

 

また、お仕事を探されている方も、企業様に紹介なども可能ですので、問い合わせフォームよりご登録くださいね。

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。