働き方改革=休み方改革  始動

働き方改革が実行されている中、休み方改革の記事が目に止まりました。

お盆休みの他にも、年末年始やゴールデンウィークなどはここも大混雑。

時期をづらしてや、もっと多く休むなど理屈は分かっているのだが、なかなかできないのが日本の現状。

政府は、休み方改革の旗を振り始めたようですが、そもそもやすみの改革とは?

休みと仕事のより良い関係は?

とういう記事を見ました。

・仕事以外に打ち込もうということで、仕事以外の楽しみを持つことにより、時間管理、豊かな人生を!

会社で働く人に必要なのは「変化に対応できる柔軟性」、「高い学習意欲」、「好奇心」のようです。

長時間労働の解消の一つとして、仕事以外の楽しみを見つけることもいいことだと思います。

 

・一斉休暇を実施  普段なかなか休みが取れないと言われている、小売業種、サービス業などは世間が混雑しているときや休んでいる時こそ忙しい業種ですが、ここで一斉休暇を実施など取り入れている企業もあるようです。

 

・忠誠心競争に終止符が必要 ドイツの例ではドイツ人は日本人より長く休みを取り、生産性も高い。

文化の違いによる要因が大きいようですが、

日本の場合は、仕事や職場の関係が優先、ドイツでは職場以外にも、地域や親戚の関係も大切にしているようです。

日本では、学校、企業中心での社会があるが、ドイツでは、学校以外に他の学校との交流があり、別の人間関係が日本以上にあるようです。

雇用形態も、ドイツは日本と同じような終身雇用であるが、内部昇格は少なく、2、3社の転職後にキャリアアップという、日本との環境が違っているため、忠誠心よりも、自分の役割を果たそうという考え方、役割分担を明確にしているようです。代わりにやってくれる人がいるということで、安心して休める環境があるようです。

以上日経新聞記事より

 

色々な環境の中で、休み方改革=働き方改革と思いますが、何となくですが頷けるようです。

まだまだ、一例ですが、休み方改革、始めてみませんか!

 

『広島求人.com』でも、働き方改革に取り組まれている企業は多くあります。

時間、休暇、働き方に合わせたお仕事が見つかります。

広島のバイト、広島の正社員など、広島の求人は『広島求人.com』でお探しください。

地元、広島の企業も働き方改革に取り組んでいます。

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。