海外人材の受け入れ促進へ包括策を(日本経済新聞社説より)

人の力をいかす日本へ

日本経済新聞社説にも、日本の人手不足が深刻化する中、日本の活力を高めるうえで欠かせないのは、海外人材が活躍できる場を広げていくことだとしている。

そのためには、日本の将来を見据えて外国人材をどのようなルールで受け入れるのかを打ち出す時に来ているとありました。

外国人就労者は年々増加。その中でも伸びが目立つのは留学生アルバイト。

人手不足の中、日本で働くことが本来の目的でない方々がその穴埋めをしているようです。

 

日本の成長も、外国人材の力が重要となる。そのことに求められるのは、外国人材の就労から社会への定着、支援のありかたまで含めた全体的な戦略が必要とありました。

大きな柱は

①高度人材や留学生の就労を促す政策をさらに拡大する事

②高度人材とは言えないものの、介護、農業、物流など日本産業を支える人材を受け入れる仕組み

③受け入れた外国人の支援

の3点が挙げられている。

留学生へのアンケートでも、日本に住むのは魅力的と答えた人は、83%であったが、日本で働くのは魅力的と答えた人は22%と低い。

しかし、外国人材はすでに、日本を下支えする存在となりつつあり、この傾向は一段と進むこととなるだろう。

働いてくれる人をどう支えるか、これが課題となっていく。

 

この記事にもありますが、『広島求人.com』に掲載頂いております企業も、多くの実習生を受け入れられていることもお聞きします。

AI,ロボットなど一部では使われていますが、まだまだ人の手は必要。

人手不足は一段と深刻となっている中で、これからもこの現象は続くと思います。

 

『広島求人.com』では、広島のバイト、広島の正社員のと広島の求人情報が掲載中です。

人手不足もありますが、働く環境作りをされている企業も多くあります。

『広島求人.com』で広島のお仕事をお探しください。

掲載企業様には、お気軽にご連絡くださいね。

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。