2019年春卒業予定の大学生の就活は事実上この夏からスタート

今夏のインターン、19年卒の大学生7割参加。(日本経済新聞社調査)

夏のインターンシップアンケートで、来春2019年卒業予定の大学生、大学院生の7割が今年の夏休みにインターンに参加、

または参加予定であった。ということが調査で分かりました。

インターンを実施する企業が増え、大学3年の夏から事実上の就職活動を始める動きが強まている。

 

1日限りや、2~5日と参加者によってはばらついていますが、1日型の開催が認められて、1日方が増加している。

 

学生意見では、インターンへの参加がその企業での選考で有利に働くかということに対しては、「そう思う」「どちらかと言えばそう思う」が83%を占めた。

 

学生の方々や、就職活動中の方々が、働いてみたい企業にインターンシップで参加して、実際に感じてみる、業務を体験することで

本当にその仕事があっているのか、その企業があっているのかなどの判断基準になってくると思います。

 

但し、希望企業に入ることがゴールではなく、そこで何をするのか、何が出来るのかもしっかりと体験してきていただきたいです。

入社からが、社会人スタートとなるわけですから。

 

『広島求人.com』の掲載企業にも、インターンシップまでの制度ではないですが、問合せや、面接で応募企業を見て、聞いていただきたいと思います。

ここは、と思った企業にはまず、応募フォームから応募や問合せ、お電話でもお気軽にお聞きください。

広島の求人情報、『広島求人.com』では、地元、広島の求人、広島のバイト/アルバイトを掲載中です。

インターンシップ同様に、お気軽にお問い合わせください。

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。