広島の有効求人倍率1.22倍(8月分)全国7位

広島の有効求人倍率1.22倍と広島労働局より発表がありました(8月分)

 

広島労働局発表の8月度広島の有効求人倍率は1.22倍(全国第7位、中国地方第3位)

 

基調判断『県内の雇用情勢は、求人が求職を上回って推移しているが、求人が減少し、求職者の増加もみられる。新型コロナウィルス感染症が雇用に与える影響に、より一層注意する必要がある。』と発表されました。

 

新規求人倍率➡  1.93倍(3か月連続減少

新規求人数➡ 18,851人・前月比 6.0%減少(2か月連続減少)

新規求職者数➡ 在職者が 1,986 人・前年同月比 8.0%減、離職者は 5,479人・ 9.1%増

正社員有効求人倍率➡  0.93倍(前年同月と比べ 0.46 ポイント低下

 

産業別では、 前年同月と比べ、卸売・小売業( 55.0%減)、 サービス業( 36.4%減)、製造業( 37.4%減・うち自動車 66.1%減)、医療・福祉( 20.9%減)、宿泊・飲食サービス( 31.0%減)、運輸・郵便業( 20.7%減)、 学術研究、専門・技術( 67.3%減)、建設( 1.0%増)生活関連サービス、娯楽( 34.9%減)、教育学習支援( 15.3%減)情報通信( 15.6%減)  11業種中10業種で減の発表となりました。   

 

さて、9月23日には、「2020年1-8月の休廃業・解散企業数」は前年同月比で23.9%増35,816件、通年では過去最高の5万件(速報値・ 東京商工リサーチ )、9月24日には、新型コロナウイルスの感染拡大の影響による解雇・雇い止めの人数が23日時点で累計6万439人(厚生労働省)との発表。
広島労働局の中山局長も「局を挙げて取り組む雇用維持対策に加え、再就職支援策もやる必要がある」と述べられています。

 

広島にお住いの皆さん、広島の転職、バイト/パートなど広島でのお仕事探しは、 地域密着の求人情報【広島求人.com】でお探しください!

 

さく

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。