広島の中小企業43%は「従業員不足」 事業継続危ぶむ声も  広島県中小企業家同友会アンケートより

広島県中小企業家同友会のアンケートで、経営の問題点として、「従業員の不足」を挙げた企業が43.2%と最も多かった。

新卒採用で学生側が優位な「売り手市場」が続く中、中小企業で人手不足が根強い課題となっている状況が示されている。(中国新聞より)

 

アンケートでは

「従業員の不足」が最も多くの企業が課題にあげている。これは、3年連続で最も多くの企業が課題にげた問題点です。

「必要な人材が確保できているか」については、不足気味回答が引き続き多い。

 

従業員の高齢化に伴う生産性の低下、人手不足で業務を受注できない現状もあるようです。

 

また、後継者や、熟練技術者の不足など、広島の企業だけでなく、全国で人手不足が根強い課題となっているのではないでしょうか。

 

広島求人.com』でも、現在の人手不足に対して、求人企業様は

地元、広島の企業を中心に、広島の求人情報を提供させて頂いております。

広島の仕事、広島の求人、広島のバイト、アルバイトも、地元広島の求人情報は、『広島求人.com』でお探しください。

 

掲載ご希望の企業様はこちらからお問い合わせください

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。