30~40代主婦 隙間時間を活用で2時間なら働ける

流通業や外食産業などで1日2時間・週2日といった超短時間勤務(プチ勤務)が子育て中の30~40歳代の主婦に受け入れられつつある。(日経新聞より)

労働力率が最も低い年代であるが、働き始める第一歩となっている。

 

子育て世代で、働く目的は、収入を増やしたい、自分の新しい可能性を発見したい、働くことが好き、仕事感覚をキープしたい、人脈を広げたいなど。

企業としては、その労働力を活かせるシフトなどを組み働きやすい環境づくりにも取り組んでいるようです。

 

募集時に、職場が自宅から近い、週2回、2時間からOK、シフト相談可能、急な休みにも対応など働きやすさを具体的にアピール。

 

主婦といっても、子どもの年齢によって働く環境は変わってきます。

超短時間の主婦のキャリア志向は極めて低いようですが、幼稚園で1日2時間~3時間、小学生で5時間、高校生ではフルタイム就労可能の目安もあり

超短時間勤務からは始まり、無期雇用や、正社員に転換となる目標も出てきます。

 

広島求人.com』でも、飲食の超短時間勤務など多くの企業から提案いただいています。

ほんの一部ですが

カフェ風車

ちんちくりん

など、週2日から1日3時間などのお仕事もあります。

もちろん、学校行事などに対応いただける内容も数多く掲載中です。

 

広島の求人、広島のバイト/パート、短時間のお仕事など、『広島求人.com』で、地元広島の求人をお探しください。

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。