3大都市圏8月 バイト時給、最高の1014円

標記の記事が、本日の日経新聞に掲載ありました。

3大都市圏のバイト時給1014円。

人手不足を背景に、アルバイトやパートで働く人の時給が一段と上がっている。

求人情報大手がまとめた平均時給は最高額を更新。

 

8月度については、スマートフォンの新モデル発売や住宅ローンの相談に備えたコールセンターの求人が目立っていた。

また、飲食業や小売業は10月の最低賃金上昇を控えていち早く時給に適用する動きが見えている。

 

職種別では、事務系の上昇が大きく、1063円。コールセンター要因の時給上昇が目立っています。

コールセンター、スマホの新型発売によるサポート窓口などが大きな要因となっているようです。

 

また、飲食業や小売業はアルバイト依存度が高く、最低賃金改定の10月を待たず、いち早く最低賃金に合わせる動きも広まって平均時給を押し上げているようです。

 

ただ、8月時点で改定後の最低賃金を満たしていない求人もあり、賃上げは企業に与える人件費負担が大きくなってきている。

企業のほうも、営業時間の見直しなどによる負担の減少、主婦やシニアの労働力の掘り起こしが重要となってくる。

 

『広島求人.com』に掲載企業情報でも広島の時給のほうも上昇傾向にあるようです。

10月の最低賃金改定まで間もなくですが、時給の動きが気になりますね。

記事にもありましたが、賃金だけではなく営業時間の見直し、主婦、シニアの新しい労働力の確保など新しい展開が来ていると思います。

 

『広島求人.com』へのお問合せもお待ちしております。

お仕事をお探しの方の登録や、求人をお考えの企業様もお問合せはこちらからお気軽にお問合せください。

地元広島の求人、広島のバイト/アルバイトの情報は『広島求人.com』でお探しください。

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。