32.2%  この数字は何でしょうか??

32.2%の数字

いったい何の数字でしょうか?

 

厚生労働省の発表によると、大卒で就職後3年以内に離職した人の割合(離職率)。

2014年3月卒で、32.2%。

希望する仕事に就けなかったミスマッチによる離職は景気回復で減少しているものの、人手不足を背景に転職しやすい環境となっており、

より良い仕事を求めて離職する人が増えている。

 

大卒の離職率を産業別でみると、情報通信で26.6%、電気・ガス・熱供給・水道業9.7%、製造業20.0%と多くなる傾向がり、

逆に減少の産業はサービス関連産業が多いということです。

宿泊業、飲食サービス、生活関連サービス、娯楽業は、離職率は減少しているものの、50%前後の離職率となっているようです。

 

学歴別では、高卒の離職率は40.8%、短大卒では41.3%と大卒の32.2%を大きく上回る結果となっている。

 

ただ、大卒同期で10名入社した場合、約3名は3年以内に離職。高卒では4名が離職する結果となる。

なんだか、仲間がいなくなるのは寂しいですね。

 

より良い仕事を探せる環境で、転職しやすい環境もありこれからはどうなっていくのでしょうか。

 

広島求人.com』では、地元広島の仕事をお探しの方々に、地元広島の企業の求人情報を多くお届けしています。

広島のバイト/アルバイトから広島の正社員求人まで、『広島求人.com』で、求職者の方々にとって、よりよい仕事をお探しください。

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。