サービス関連職種で、バイト時給110円上げや、配達員増員、正社員の残業半減の記事がありました。(9月29日日本経済新聞より)

サービス業の人手不足感が強まるなか、待遇改善による働き手の確保。

大都市圏でのサービス業種ではアルバイト時給が、

一律110円増の1,000円以上となり、最低賃金水準上昇もあり、各地域の賃金上昇が続いている。

1,000円を超える時給が定着してきていうえに、他手当の充実なども織り込まれ、働き手の確保に力を入れている企業が

増加しているようです。

企業の人件費負担も増加。

これからは、どうなていくのでしょうか。

 

企業では、商品単価アップもやむ終えず実施して、材料の高騰に対応、働く方々への福利の充実なども行っている企業もあるようです。

 

また、時間帯によって集中するお仕事に関しては、時間帯専門の社員配置、大幅増員などと並行して、社員の残業減に取り組まれています。

 

人手不足と、ユーザーニーズの多様化しているサービス業種の対応は大きな負担になっているのではないかと思います。

これは、従業員も、企業も同じで。

 

働かれておりれる方々のことも考えて、ユーザーのほうも過剰なサービスの要求や、企業の過剰サービス提供も、違うサービスで

代行できるような、例えば宅配ポスト、人の力が不要な部分はロボット化などスピードアップしてくるのではないでしょうか。

 

広島求人.com』でも、10月からの広島最低賃金引き上げに伴い、時給改定の企業情報も多くあります。

広島の求人、広島のバイト/アルバイトも、高時給、高待遇、1,000円超えも出てきているようです。

地元、広島の求人、広島のバイト/アルバイトは『広島求人.com』でお探しください。

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。