働き方改革・・管理職の悩み

働き方改革に悩む 働き方改革の旗振りである管理職の悩み 日経新聞より

 

「働き方改革」の旗振り役を任される管理職がジレンマに陥っている。

「部下の残業は上司の責任」という風潮が強まるなか、職場の労働時間削減と成果主義の板挟みとなっているようです。

過去にあった「まず自分でやってみろ」方式の指導は過去のものとなり、しっかりと経験を積ませる手厚い指導ができず、人材育成面の不安も出てきている。

 

「定時に終わらなそうなら上司が行う」、「定時後に予定があると先に言われると何も言えない」

過去の、残業してなんぼとかの働き方は変化していっている。

 

また、会社は休日及び平日も勤務時間外はメール禁止などの対策がされてきて、業務連絡も取れない状況の中、管理職は自らが残業して部署の仕事をカバーしていることも少なくない。

管理職にとってはさらなる負担になっている。また必要な業務も無駄扱いとなる事も危惧される。

 

そんな中で、労働時間の短縮を迫るだけでは、働かせ改革となり管理職に負荷が集中してしまう。という指摘もあり会社側としては部下の育成など管理職の役割にふさわしい環境づくりも働き方改革につながるのではないでしょうか。

 

一方では、上司の部下育成スキルにも見直しを迫っている。業務の効率化、長時間労働の是正の流れが加速する中で「まずは自分でやってみろ」という日本企業的な育成方法は限界が出てくる。

今の管理職は、自身が「丸投げ」で育てられた成功体験にとらわれず、部下一人ひとりのスキルに合わせたきめ細かな対応を学ぶ必要がある。

 

管理職の方々も大変ですね。

 

というように、働き方改革は、一般社員、管理職、またまた企業としての管理に至るまで、大きく改革されてきているようです。

 

広島求人.com』掲載企業でも、働き方改革はいろんなところで改革されているのではないでしょうか。

今回の表題の管理職(幹部)募集もありますが、会社にとっても、管理職にとっても、また従業員にとっても働き方改革は速いスピードで改革されてきています。

広島に特化した、広島の求人、広島のバイト探しの『広島求人.com』も、求職者の方々が働きやすい環境にお役に立てるように、情報は≪毎日更新≫しています。

皆様にあったお仕事を『広島求人.com』でお探しください。

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。