コーヒー店業績好調に「働き方会改革」の影響が!

単価が高めでの喫茶店が好調のようです。

要因は「働き方改革で」喫茶で仕事を済ませたいとの需要が追い風となり単価が高めでも好調です。

 

この、高級路線が、人件費も吸収して人手不足と、コスト高を救っているようです。

 

高級路線の珈琲店では、コンセントを常設や、座り心地の良い椅子をそろえ、喫茶を使用する人は、

「頭をリフレッシュして書類などをゆっくり見て仕事をした人」

「落ち着いて仕事の考えが出来る」

など、コーヒーは高くても需要は高まっています。

 

「働き方改革」が、高単価なコーヒー需要を高め、さらにオフィス外での勤務を認める企業や、退社時間を早める企業の増加でワーキングスペースとしての喫茶店の価値が高まっている。

(日経新聞より)

 

広島求人.com』でも、働き方改革による影響がある職種も掲載中。

喫茶店需要が高まるということは、喫茶店でのお仕事需要も高まってきます。

働き方改革で、お仕事の場所も変化してきています。

色々な環境の中で、皆様にあったお仕事、お仕事の仕方をお探しください。

広島の求人、広島のバイト、広島の転職は『広島求人.com』でお探しください。

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。