雇用改善 期待と不安 「働き方改革」中身問う  (日経新聞より)

雇用改革期待と不安

5年超で無期雇用に転換来春始動

 

労働契約法の改正を受け、来春から契約社員やパートなどの有期契約で5年を超えて働く人が無期雇用にへの転換を申し込める新ルールが本格的に始まります。

雇用期間の不安解消が目的ですが、対象者の間では「職の安定につながる」「駆け込みで雇い止めされないか」の期待と不安が入り混じります。

 

新ルールを見越した雇い止めという企業側からの契約更新なしが5年になる対象者に起こっていることもあるようです。

しかし、企業は人手不足のなか、人材確保の狙いもあり、何らかの形で無期契約にしていくという企業も半数を超えている。

大企業中心に雇用形態を見直す動きが広まっています。

ただし、一方では、雇用期間が5年を超えないように運用していくという企業もあります。

 

まだまだ、制度を知らない労働者、企業経営者も多く、捉え方もそれぞれのようです。

この制度の趣旨を浸透させて、無期雇用を希望する人たちの契約の見直しがスムーズになるように浸透させなければなりません。

 

広島求人.com】も、色々な働きかたを提案している企業の、お仕事情報があります。

広島のバイト、広島の契約社員など今後制度の対象となる方々も多いのではないかと思います。石の上にも○年という言葉もありますが

5年間という期間はあっという間ではないでしょうか。いま働かれている方々も制度を十分理解して有期雇用、無期雇用の選択もかんがえられます。

これからのお仕事、広島のバイト、広島の転職、広島の正社員など雇用形態はありますが、将来無期申請も可能なお仕事もあると思います。

是非、【広島求人.com】で、地元広島のお仕事をお探しください。

 

 

※無期転換ルールとは

パートやアルバイト、派遣社員など有期雇用の人が同じ職場で契約更新を繰り返し5年を超える場合、希望すれば次回の契約更新で期間の定めのない無期雇用へ切り替えられるルール。

雇い止めの不安解消を目的に2013年4月施行の改正労働契約法に盛り込まれた。

5年が経過した2018年4月に対象者が生まれる。例えば1年契約の場合、法施行後6年目の契約期間中に転換を申し込む権利が生じ7年目から無期雇用になる。

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。