内定率、最高の92.7% 大学、大学院生の10月1日

2018年春卒業の大学、大学院生の10月1日時点の内定率は92.7%(10月25日 日本経済新聞)

 

内定率92.7%は10月1日時点の過去の最高となった。

人手不足を背景に企業の採用意欲は高く、当面は売り手市場が続く見通し。

 

リーマンショック前の好景気だった時期を上回り、少子高齢化による働き手の減少に加え、団塊世代の一斉退職も影響しているようです。

 

内定を持つ学生のうち、94.1%が就職先を決めて就活を完了した。

内定を持ちながら、まだまだ就活中の学生は3.7%

 

最近では、企業から自社に来てほしい学生に接触する「スカウト型」の採用サービスにも登録して、より自身にあった就職先を探す学生も増えている。

 

 

広島求人.com】でも、即戦力の広島の転職、広島の求人を掲載中。

いろいろと、自分に合った企業をお探しであると思います。

学生もスカウト型サービスで、より自分に合った就職先を目指すのと同じで、転職希望の方もより自分に合ったお仕事をお探しと思います。

広島求人.com】では、掲載以外にも多くの企業様の情報があります。

お仕事をお探しの方、お仕事の紹介もさせていただきます。

お問い合わせフォームやお電話でお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム】こちらからお問い合わせください。お仕事のご相談もOKです。

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。