トラック運転手200人分を省力化  物流効率化法改正1年(26日 日経新聞より)

国土交通省はトラック運転手の省力化をめざす改正物流総合効率化法の施行から1年経過したのをうけて、同法の支援などの実績を取りまとめた。

 

トラック運送の一部を鉄道やフェリーに切り替えるなど、物流面で連携した51件を認定し、約200人に相当する労働力を確保した。

 

改正法は2社以上が連携し、運送の省力化をはかる事業について、税制や補助金で支援する制度。

 

輸送手段をトラックから鉄道などに切り替えたモーダルシフトは29件。

 

上記51件の認定により39万6千時間のトラック運転手の労働力を省力化できたということです。

 

広島求人.com】では、地元広島の求人、転職、バイトを掲載中。

ドライバーの省力化が進められていますが、まだまだ広島ではドライバーの不足は深刻。

大変なお仕事という印象もありますが、私たちの生活から物流は切り離せません。

社会から頼られるお仕事のドライバーの働く環境が変わってきています。

ドライバーの働きやすい職場を目指しておられる企業もシッカリと掲載中。

 

ドライバーのお仕事も、【広島求人.com】でお探しください。

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。