インバウンド対応 訪日消費「日用品」に重み  言葉、決済、店頭の壁解消(日経新聞より)

訪日客によるインバウンド消費額は1~9月期で3兆円を上回り、7~9月期は過去最高となている。

その中身はかつての爆買いから日用品重視の買い物に変わり、コンビニやドラッグストアに重みを増す。

訪日客のお金の使い方が変わりつつあり、小売業やサービス業は当たらなインバウンド対応に知恵を絞る。

 

訪日客のお金の使い方が変わってきているようです。

といっても、買い物代は消費の34%と非常に高い構成となっています。

爆買いが注目された時期が40.4%であったが、消費額そのものは増加している。

 

これは、買うものと、買う場所が変化してきていることが要因。

今までの、カメラ、ビデオなどの電化製品から菓子、食料品、化粧品、医薬品に買うものが変化してきており、

また、買い場所のほうも、コンビニ、ドラッグストア、ディスカウントストア、スーパーや空港の免税店などが増えている。

 

単価が高い家電製品などを、量販店や専門店で購入するスタイルからコンビニやドラッグストアで日用品の購入に変化しているようです。

 

国内の小売業はこうした訪日消費の変化に商品購入時の幅広い決済や、多言語での接客サービスが求められてきている。

 

このような、消費者に対応できる人材の募集や、外国人の労働者需要が高まってきているのではないでしょうか。

販売関係、飲食などのサービスのお仕事のほうも、環境が変わってきているようです。

 

広島求人.com】でも、販売や飲食のサービスに従事するお仕事の情報も発信しています。

マルチリンガルの方などいろんな言葉が話せるなど需要がますます高まってきます。

しかし、外国語が苦手な方にも人手不足感は強く、いろいろなサービスのお仕事の内容での募集があります。

 

広島のバイト、広島の転職など正社員を目指される方も【広島求人.com】であなたにできる、あなたに合ったお仕事をお探しくださいね。

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。