知ってますか 日本の働き方 

知ってますか日本の働き方(11月3日日経新聞より)

 

日本では企業を中心に労働生産性を高める取り組みが遅れていることが浮き彫りとなった。各種統計をひもとくと、労働時間が長い割に1人あたりの生産性が低く、実質賃金の伸びも低位にとどまっている。長時間労働の理由を「人手不足」のせいにしがちだが、働く側の本音は「時間管理意識の低さ」や「業務効率の悪さ」などにあると見ている。

働き方を見直すことで、長時間労働を是正しながら生産性も高められる工夫の余地はまだ多い。

 

ということで

人手不足:有効求人倍率は1.51倍(8月時点) 少子高齢化で労働人口の減少は避けられない。日本は2005年から2010年、2015年と右肩下がりで労働人口は減少。アメリカ、イギリス、ドイツは年々上昇傾向。

 

労働環境:長時間労働を助長しているのは「人手不足」以外の要因が大きい。

・業務の属人化、時間管理意識の低さ、業務効率の悪さ、残業が当たり前、美徳とする雰囲気、過剰な品質追求、資料作成、会議の多さ長さ、帰りにくい雰囲気、人手不足があげられる。

 

生産性:日本の一人当たりの労働生産性は主要国の中で低い。日本では実質賃金が主要国に比べ伸び悩んでいる。中小企業より従業員1000人超の会社の労働時間が長い

 

など、グローバルな比較もあり、企業や働く環境の改革、働く方々の意識も改革となるのではないでしょうか。

働き方や環境は人手不足だけではなく他の要因があり改革も行っていくことが見えてきました。

 

広島求人.com】でも、働き方の改革を応援して、皆さんのより良い環境で働くことができる広島の求人情報、広島のバイト、広島の転職をお知らせしてまいります。

現在の労働環境は人手不足という言葉だけではなく、ほかの要因の改革も必要。

そんな取り組みや改革に取り組まれている企業情報も【広島求人.com】でお探しください。

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。