トラック運転手27年24万人不足 (11月3日日経新聞より)

トラック運転手27年24万人不足。

国内、高齢化が進み1割減(民間調べ)

の記事がありました。

 

現在も人手不足や労働環境が取りざたされているドライバーのお仕事ですが、2027年には高齢化などで24万人不足と大きな労働力不足が試算されています。

 

インターネット通販の普及による宅配便の増加などで現在より2割多い96万人の運転手が必要となるが、高齢化などで運転手は約1割減の72万人となると予測される。

宅配ボックスの設置や、無人化も進めても人手不足は続く見通し。

 

現在の運転手は、約83万人。

宅配便個数の増加に対応するために追加で7万人の人手が必要になるほか、トラック運転手の超過労働時間の半減のために9万人の採用が求められる。

一方、トラック運転手の高齢化やなり手の減少で11万人分の人出が減るとしている。

 

改善手段としては

駅や家庭への宅配ボックス設置は配達を減らし、運転手1万人分の労働を省ける。

トラック輸送から鉄道輸送などに切り替えを進めることでトラック運転手1,000人分の労働力をまかなえる。

1台の有人トラックが無人トラックを率いて走る隊列走行が一部の輸送で実現できれば2万人分の労働を補えるという。

ただ、これを整えても需要の大幅な伸びには応えられない。

 

この問題は、物流会社だけではなく、メーカー、小売店を含めたサプライチェーン全体を見直す必要があると投げかけている。

 

 

広島求人.com】も、ドライバーの求人件数が増加中。

広島にしかない求人情報の【広島求人.com】で、広島の転職、広島のバイトなど、あなたに合ったお仕事を見つけませんか!

掲載以外にもいろいろな企業情報も多くあります。

お問い合わせはこちらから】または、フリーダイヤル0120-660-833までお気軽にお問い合わせください。

 

ご掲載検討中の求人担当の方はこちらから

 

お仕事の出会いは【広島求人.com

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。