1~3月の中小人手不足感 26年ぶりの水準に

1~3月の中小人手不足感 26年ぶりの高水準 民間調査(日本経済新聞より)

 

中小企業の人手不足感が一段と強まっている。

信金中央金庫の全国中小企業景気動向調査によると、マイナス幅が大きいほど人手不足感が強いことを示す指数は

1~3月期がマイナス26.9.前回調査より-0.2ポイント下がった。

1992年4~6月期以来の約26年ぶりの高水準となった。

 

調査は1万4千社。そのうち20名未満の企業が7割。

 

業種別では、製造業がマイナス27.8%と前回より1.2ポイントマイナス。

建設業もマイナス40.7と0.2ポイント低下。

 

景況感を示す業況判断DIは、マイナス2.1と3.3ポイント低下。

売上額は+1.2と0.1ポイント改善した一方で収益はマイナス4.4と1.8ポイント悪化。

 

中小を取り巻く環境は人手不足感が強く厳しい環境です。

【広島求人.com】は、広島の求人サイト。広島の転職、バイト探しを応援しています。

地元広島の企業を応援しています。

 

人手不足感が一層強い広島ですが、求職者の方にも【広島求人.com】

人事採用担当者の方にも【広島求人.com求人採用担当者様】にも広島の転職、バイト探しを応援しています。

広島のお仕事探しを応援しています。

 

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。