日銀短観による中国5県の景況と人手不について

日銀短観の人手不足 中国5県(日本経済新聞より)

 

日銀短観が発表され、中国5県の人手不足について記事を見かけました。

中国5県の企業の景況感は製造業中心に改善。

一方では、小売業で相次ぐ新規出店による人手不足の影響が懸念されている。

 

中国5県の2月の有効求人倍率は1.81倍と全国10地域の中でも、北陸の1.86倍に次ぐ高水準。

広島市内では、「LECT」など、昨年から大型ショッピングモールの開業が続いている。4月27日には広島県内初の大型アウトレットモール

「ジ・アウトレット」も開業する。

日銀では、新規出店の効果について「需要増にはあるが、人手不足はさらに深刻度合いを増している」

 

人手不足の対応に向け、小売り各社にはセルフレジ導入などデジタル化を進めている。

マックスバリュー西日本は18年度から全店舗に新たなレジシステムを導入する計画もある。

操作性を改善し、担当者の業務負担軽減やレジの回転率向上につなげる。

 

広島の小売業での人手不足は深刻ですね。

 

 

【広島求人.com】のほうでも、販売、飲食関係やモールでのお仕事情報も公開中です。

地元広島のお仕事探しに是非クリックしてください。

 

【THE OUTLET HIROSHIMAパフェとチーズ風車】

【THE OUTLET HIROSHIMAだがし家ちゃりんこ】

【お好み焼ちんちくりんイオンモール広島府中】

【アルク東千田】

【マルナカ白島店】

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。