店舗の警備人員を半減 人手不足に対応

店舗の警備人員を半減 人手不足に対応(日本経済新聞より)

 

警備員は人手不足で採用が難しい背景になり、商業施設の保守や警備の人員を半減できる管理、警備業務の受注を始める。

大手警備業と大手の施設管理のシステム、ノウハウを生かして対応している。

監視カメラやセンサーを組み合わせて、群衆の動きを解析する警備システムを使い人の動きから何らかのトラブルが起きていることが分かり、バッグなどの忘れ物や倒れている人なども感知でき、巡回警備を減らせる。

 

大型ショッピングセンターでは、一般に設備の保守や警備の人員を合わせて20人程度置く必要がある。

新システムを導入すれば夜勤担当をなくすことができるため、常駐を3~5割の減員も可能となる。

 

厚生労働省がまとめた2月の有効求人倍率では、警備員が主体の「保安の職業」は8倍と、全職業の1.5倍を大きく上回る。

警備員は、人手不足が目立っており、「人手不足が原因で管理業務の依頼を断ることも多い」

 

警備員の人手不足も深刻です。

 

【広島求人.com】でも、警備業の求人はいろいろとあります。

ここにしかない、地元広島のお住いの近くの企業がいっぱいです。

通勤に便利という企業もお仕事を決める大切な項目です。

 

【新着:警備業丸猫駐車場警備】

【新着:警備業丸猫交通誘導】

【安芸区:広島ゼネコンサービス】

【北広島町:警備のタック】

 

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。