民間予測 夏ボーナス3.9%増!?

民間予測 夏のボーナス3.9%増!? 総額17年ぶり高水準!(日本経済新聞より)

 

民間予測での、今夏のボーナス予測では、民間企業至急総額で平均前年比3.9%増となる見通しで、17年ぶりの高水準となる予測です。

企業業績が改善する中、人材につなぎとめに一時金を積み増すとの見方が多い。

 

予測は、厚生労働省が毎月勤労統計調査でまとめる従業員数5名以上の事業所のボーナスを予測した。

世界経済の回復による企業業績の拡大が下支え。

 

ボーナスの押上要因に人手不足を上げる声が多かった。

「中小企業は人手不足感が特に強く、人材確保の観点から大企業よりも高い伸びが見込まれる」としている。

民間企業の1人当たりの平均支給額は前年比1.8%増の37万8千円となる見通し。

「正規雇用者が非正規を上回って増加したことが平均を押し上げた」指摘。

 

賃上げをめぐっても高水準。

 

基本給が上向きになる中、ボーナスの増加が加わることで「家電や旅行などの高額な支出を押し上げる要因になりそう」である。

「一度上げると削減が難しい基本給に比べて、ボーナスは業績に応じて比較的柔軟に変動させることが可能」

 

お仕事をお持ちの方、ボーナスはどうでしょうか?

ボーナス前後にも、お仕事探しは活発化します。

今までのお仕事をリセットして、新しいお仕事をお探しの方は【広島求人.com】

地元、広島の転職、バイト探しに是非ご活用ください。

 

 

 

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。