労働生産性とは

労働生産性という言葉をよく聞くようになりました そこで労働生産性とは?

 

労働生産性とは、従業員一人ひとりがどれだけの付加価値を生み出しているかをはかるる指標。

この数値が高いほど効率化が進んでいたり、労働の質が高くなっていたりすることを示す。

人口が減少する中では一人当たりの付加価値額を増やすことが経済成長にとっては重要である。

 

各産業が生み出した付加価値を就業者数で割ることで、産業別にも算出できる。

労働生産性を高めるには分子の付加価値を増やすか分母の労働量を減らす必要がある。

 

機械やITの導入で効率化し、従業員の再教育によって労働の質を高めるなどの工夫が効果的である。

 

企業は生産性を求めています。

【広島求人.com】をご覧の皆様も、企業が求めていることは生産性向上。

難しいようですが、効率よく労働の質を上げていく努力も必要だと思います。

しかし、やはり求められるのは、人。人物本位。

まず、応募企業に問い合わせ、面接で自分力を発揮しましょう。

人物本位での採用といわれる企業がやはり多いと思います。

 

人物本位で、しっかりと教育もあります

【渡辺運輸株式会社南区出島大手部品メーカー作業】

【渡辺運輸株式会社南区出島大手部品メーカーリフト作業】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。