一歩踏み出す新社会人のここに注目!

新入社員 入社式で期待より不安勝る(日本経済新より)

 

多くの企業が4月2日に入社式を開き、学生たちが社会人として一歩を踏み出した。

売り手市場だった就職活動から、厳しい仕事の世界へと飛び込む最初の日。

Twitterでは、新入社員の期待と不安がつぶやかれていたようです。

 

入社式前後に、#入社式 #新入社員を含むツイートを集めた。

「あ、今日入社式か!はやいなぁー!」

「めっちゃ緊張する」などのほかに「ふあんしかないわ」、「入社式のあとそのまま研修やから憂鬱」

と、期待よりも不安が勝る心の内をつづる投稿が目立つ。

 

入社式後には先輩が、「ご飯屋さん行ってもコンビニ行っても思うのは、今日からの新入社員たちの初々しさたるや。素直に羨ましい」

 

経営者らの言葉に耳を傾けた新入社員が「社長の話は、今まで聞いてきたどんな大人の話よりも圧倒的にアツくて、モチベ上がった」

 

先輩のこんな投稿がリツイートされた。

「会社のパソコンでTwitterやFacebookに投稿するのはやめましょう」

上司にアカウントが知られてしまうからなどの失敗談なども広く共有された。

 

今春、社会人になった人は約93万人。

新入社員の4分の3は「仕事よりプライベートを優先したい」と考えている。

1日の日曜日に入社式があった新入社員は「都市伝説のよう」とぼやいたように、働き方には敏感。

 

不安と期待が交差する新社会人をみては周囲はエールを送りつつ自らを鼓舞。

「今日は娘の入社式。スーツが似合ってた。帰ってきてすぐ、今日の報告書作成に奮闘中。明日も早起き!がんばれ!」

 

【広島求人.com】でも、期待と不安の新入社員を応援します。

これから、長い第一歩ですね。いろんな仕事や働き方があります。見つけてください一番大切な働き方を。

広島で働きたい、広島での仕事探しを応援しています。

 

 

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。