非正規 待遇改善進む

働き方改革で非正規社員の待遇改善が進んでいます。(日本経済新聞より)

 

非正規待遇改善進む。人手の確保、インターバルが浸透

流通、外食、繊維などの労働組合が加盟するUIゼンセンは1018年労使交渉で経営側と合意しhた働き方改革を公示しました。

 

人手確保が厳しいことから魅力的な職場を作ろうと労使hが多くの項目で合意に至っている。

長時間勤務の是正する、勤務間インターバル制度や非正規の待遇を改善しようとする動きが目立っている。

 

正社員の賃金体系維持分と、ベースアップを合わせた賃上げ額は月7,160円で2.4%増。パート組合員は2.82%と正社員の伸び率を上回っている。

働き方改革では、退勤後、翌日に出社するまでの間隔を十分に開けるインターバル制度が目立つ。など働きやすい職場作りは各社ともに余念がない。

 

小売りや外食は他業界との人材の奪い合いが激しく、人手不足感がとりわけ強い。

パートやアルバイトへの依存度が高いことから非正規の待遇改善もテーマとなった。

 

厚生労働省によると、商品販売の有効求人倍率はパートを除けば2.05%だが含めると2.59倍。

UIゼンセンは「人手不足感が強まり人材流出を防ぐためにも高い水準での妥結になっている」

 

消費者の節約志向が強いサービス業では、人手不足で人件費が高騰しても商品やサービスの価格に転嫁しにくい。

急速な成長が難しい中、働き方改革や待遇改善と並行して生産性をいかに高めるかが問われるようになっている。

 

【広島求人.com】では、広島の転職、バイト探しを応援中。

【広島求人.comコラム】でも求職者の方、企業人事担当者様にも小ネタとして情報発信中です。

 

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。