シゴト体験企業に呼びかけ(岡山でプロジェクト・児童養護施設の子供に)

シゴト体験企業に呼びかけ(岡山発)日本経済新聞より

 

企業にシゴト体験を求む。

児童養護施設などの子供たちに職業や仕事に関する情報・体験を提供し、将来の夢や目標を持つきっかけにしてもらおうとするプロジェクトが岡山で始まった。

行政や弁護士、民間企業の有志が、岡山市内で「シゴトの図鑑」プロジェクトを立ち上げたと発表した。

夢の仕事を私事(シゴト)に変えるという意味を込めた。

 

児童養護施設や里親宅などで暮らす子供たちは、社会との接点が乏しくなりがちで、「いろいろな体験を剥奪された状況で育つケースが多い」倉敷児童相談所の浅田所長。

 

様々な仕事や社会を知ってもらうため、職業体験を受け入れたり、文化的な催しなどに招待してくれる企業を広く募る。

 

児童養護施設や児童相談所と一時保護措置などでつながりのある弁護士らが企画した。

 

子供たちに、お仕事に興味を持ってもらうことや、夢を持ってもらう企画など興味深いと思います。

【広島求人.com】も多くの方々に、地元広島でこんなお仕事があるんだ!

と知っていただくために毎日更新。夢のあるお仕事、広島ならでのお仕事を発信中。

広島にも、子供たちの夢を乗せた職場体験など出てきてくれるといいと思います。

 

 

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。