失業率4月2.5%

失業率4月2.5% 総務省公表(日本経済新聞より)

 

「完全雇用」埋もれた人材 もっと働きたいパート177万人

総務省公表の4月の完全失業率は2.5%と、「完全雇用」と呼べる低水準。

有効求人倍率も高止まりで労働市場には新たな働き手を生み出す余裕がないように見える。

 

しかし、「もっと働きたい」という、埋もれた人材もあるようです。

それは、時短労働者。

総務省調査の「未活用労働力」は、求職中の「失業者」のほかに掘り起こせていない人材はいないのか。

その人材は「追加就労希望者」

就労時間が、週35時間に満たず、就労時間の追加を希望し、しかも実際に可能という人たち。

 

今はパートだが、フルタイムの勤務を希望している人などが想定される。

4月の非正規雇用者数は、2104万人で前年5%増。

そのうち、パート、アルバイトは5.7%増の1475万人。

 

企業にとっては、非正規労働者は業績に合わせて雇用調整をしやすい。

人材獲得競争で有効求人倍率は高いが、総務省調査では「正規の仕事がない」と答えた非正規労働者は14%と希望しても正社員になれない現実は残っている。

 

17年度の就業者数は6,566万人と87万人増。

また、追加就労を希望する人は177万人。

 

短時間でも働いている人が就業時間を増やしても、失業率の改善にはならない。

企業が、もっと働きたいという思いをくみ取る柔軟さを手にできれば、新たな働き手を生む余地があるのではないでしょうか。

 

【広島求人.com】は、地元広島の企業満載の、ここにしかない広島の求人情報がいっぱいです。

広島の転職、広島のバイトと、広島で働きたい、もっと働きたいなどWワークもOKなど、まだまだしっかり働きたい方々にも

ピッタリのお仕事があります。

 

 

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。