派遣、安定より自由な仕事 「無期雇用」意外に少なく

派遣、安定より自由な仕事 無期雇用希望は意外と少なく(日本経済新聞より)

 

3月に1年半ぶりに前年比プラスに転じた派遣時給。

仕事を探す人が多い3月は、例年高時給の求人が目立ち、4月以降もこの傾向が続いている。

 

背景にあるのが派遣社員制度を巡る法改正。就労期限がない無期雇用を選ばず、有期雇用で仕事を探す派遣社員が増加。

人手確保の好機と見た企業が積極的に人材を募集し、時給を下支えしている。

 

派遣会社からは「無期雇用の希望者は派遣社員対象者の1~2割にとどまる」や「無期雇用を選ぶ人は想定以上に少ない」という見方をしている。

 

2018年は派遣社員を取り巻く法制度が大きく変わる。

改正労働契約法の影響で、同じ派遣会社で5年以上働く派遣社員は希望すれば、派遣元で無期雇用の社員になれる。

労働者派遣法も改正され、9月からは3年以上同じ職場で働くには、派遣先の直接雇用か派遣元の無期雇用に切り替えることが必要。

短期の就労を繰り返す不安定な労働環境を改善するのが狙い。

就労期限がない無期雇用を選べば有期雇用に比べ契約更新時に「雇い止め」で職を失うリスクは小さくなる。

改正当初は無期雇用への切り替えが進むという見方もあった。

現時点では、この動きは広がっていない。

 

無期雇用にかわると、雇用や賃金が長期にわたって保証される。

一方で、派遣会社が社員を配置する職場を選ぶ権利を持つ。

「自由に仕事を選べるという派遣のメリットがなくなるのが不人気の理由」

 

3年以上の勤続で無期雇用に切り替わる改正法の適用を秋に控え、有期雇用で働き続けるには新しい仕事を探す必要がある。

人手不足に直面する企業にとり、経験者を中心とした有期雇用の派遣社員は貴重な労働力となる。

 

「3月時点で新たな仕事を探す動きが出始めた」これを、人材確保の好機と見た企業が「高い時給の募集を増やし、派遣時給の上昇につながった」

 

派遣社員の、派遣会社からの流動もより高い時給を求めて起こっているようです。

 

【広島求人.com】でも、派遣の人材募集も掲載中。

無期雇用にこだわらない働き方や、自由に派遣として仕事を選ぶ働き方も選べることが派遣のメリットでしょうか。

地元広島で働きたい。地元広島の求人情報をお届けしています。

 

こんなお仕事もあります。

【渡辺運輸倉庫作業】

【渡辺運輸出島の部品メーカー倉庫作業】

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。