派遣時給5月0.5%下落(3大都市圏)看護、低時給の求人増

派遣時給5月0.5%下落 民間調査(日本経済新聞より)

 

3大都市圏の5月の派遣社員の募集時平均時給が前年より0.5%(7円)低い1524円となった。

IT系が過去最高を更新するなど、ほとんどの職種で時給は上昇基調であるが、看護職で時給の低い求人が増えた。

 

看護職の時給は1298円と前年比29.6%(546円)低い。

医療現場の人手不足が深刻化。看護師らの仕事の一部を負担する動きが広がり未経験者らを対象にする看護助手の求人数が10倍に増えた。

従来の看護師の時給が2000円程度に対し、未経験の助手の時給は1000円~1200円程度と相対的に低い。

 

経験者の仕事の一部を未経験者で補う流れは介護などで進んできたが、他業界にも広がってきている。

医療・介護以外の職種の平均時給は前年を上回った。

求人の6割を占めるオフィスワークは1.2%(19円)高い1548円。エンジニアなどIT関連では7.3%(150円)高い2189円と最高を更新。

 

広島求人.com】でも、派遣のお仕事も掲載中。時給はアップしていますが看護助手などの募集もあります。

広島の転職、バイト探しは【広島求人.com】。

高時給のお仕事から、時間を選べるお仕事まで、広島のお仕事探しを応援しています。

 

 

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。