夏のボーナス4.2%増

夏のボーナス4.2%増(日本経済新聞社まとめ)

 

2018年夏のボーナス調査で、全産業の平均支給額は4.25%増の83万755円だった。

企業業績拡大で6年連続で増加。

製造業が4.62%増で全体を押しあげたようです。

 

調査は上場企業などを対象に行い、業績連動で支給額を上積みした企業が目立つ。

回答社数の7割を占める製造業の支給額が87万5276円。けん引しているのは半導体製造装置企業。

世界的な半導体需要を背景に装置販売が好調で200慢円台後半のボーナス支給も出ているようです。

鉄鋼や化学、電機などの業種も増加。

 

非製造業も2.44%増加の70万3765円。増加は5年連続であるが、増加幅は1.91ポイント低下。

その他小売り、陸運など人手不足が深刻な業種で増加幅が鈍化している。

 

ボーナスの支給もお仕事選びのポイントですよね。

広島の求人サイト広島求人.comでも、この時期ボーナス支給企業、寸志、と待遇面でも頑張って支給していただく

企業もあります。

広島の転職、広島のバイト探しも色々な条件面を見ることも仕事選びの一つですね。

地元広島の求人情報をしっかりとお届けしている広島求人.comで、広島のお仕事をおさがしくださいね。

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。