6月の3大都市圏、派遣時給は、1.5%高¥1,546円

3大都市圏の派遣時給¥1546円に(日本経済新聞より)

 

人材サービス大手が発表した6月の派遣社員の募集時平均時給は、3大都市圏では前年比1.5%高い、¥1546円となった。

法改正で秋以降に派遣先を変えるスタッフが増えるのを見込み、派遣会社が高時給を提示してスタッフを囲い込む動きが広がっている。

 

事務職の時給は前年比2.1%(31円)高い、1563円求人数も増加している。

 

2015年の改正労働者派遣法施行を受け、今年9月末から有期雇用の派遣スタッフが同じ職場で働ける3年までとなる。

「9月末以降の新たな派遣先を探し始めるケースが増えている」

 

これまで、相対的に水準の低い介護職が増え、派遣時給は前年比マイナスが続いていた。

今年は、春にも労働契約法改正の影響で職場を変えるスタッフが増えたため3月の平均時給がプラスとなった。

 

広島の派遣求人状況はどうでしょうか。

全国的な動きに並んで、製造関連、介護のほうも派遣労働者の需要の大切さを良くお聞きしています。

地元広島で働きたい。

広島の求人、広島の転職、広島のバイト探しなど地元広島の求人を応援しています。

派遣で働きたい方も、広島求人.comでは、お探しの求人情報がボタン一つで探すことができます。

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。