定年後の勤務先8割が「継続」

定年後の勤務先「継続」が8割(日本経済新聞より)

 

厚生労働省がまとめた2017年6月時点の高齢者の雇用状況によると、過去1年間に60歳で定年を迎え、勤務先に引き続き雇用された人(子会社や関連会社を含む)は84%に上った。

転職や起業などで継続雇用を希望しなかった人は16%にとどまった。

 

定年まで勤め上げた会社なら、上司や部下など周囲が定年者の能力や性格をよく理解し、継続雇用後も働きやすい職場環境を提供してもらえrケースが多い。

福利厚生制度も引き続き利用できる企業が目立つ。

 

一方、転職先では人間関係や社内習慣、システムなどに慣れるまで気苦労を伴う。

大半の会社員が定年後も継続雇用を選んでいるのは、こうした事情も理由の一つと見られている。

 

広島求人.comでは、それでも転職して今までの知識、経験を活かせる、活かしてほしい企業情報も掲載しています。

シニアを求めている企業も多くあります。

地元広島で、新しい環境で働きたい。今までと違うチャレンジをしたい定年後をお考えの方々を応援します。

ここにしかない広島の求人情報、広島の転職、広島のバイト探しなど広島で活躍したい方々を応援しています。

 

 

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。