広島の求人倍率2.10倍 6月度 (中国地方求人倍率1.89倍に上昇)

中国5県の6月の有効求人倍率は1.89倍 広島は2.10倍  厚生労働省発表(日本経済新聞より)

 

2018年6月の有効求人倍率は中国5県で1.89倍。

全国で、東海地区(1.91倍)に次いで2位となった。

広島の求人倍率といえば、2.10倍(全国2位)と44年ぶりの高水準で人手不足がより強くなりました。

 

広島は、2か月連続の2倍超え。

1974年3月以来の高水準となる。

足元では、「卸売・小売り」で1000人~2000規模の大口求人が出るなど、求人の増加が著しい。

「充足できていない求人が積み重なっている面もある」(広島労働局)

岡山県1.95倍

 

西日本豪雨による雇用情勢への影響について、広島労働局は「今後求人を控えるという可能性もある。影響を注視していく」とした。

 

地元広島の求人サイト広島求人.comは、広島の転職、広島のバイト探しを応援しています。

現在、6月度で2.10倍と、高い水準で人手不足は継続しています。

お仕事をお探しの皆さんは、今がチャンス。きっとお探しのお仕事が見つかりますよ。

広島求人.comでしっかりとおさがしください。

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。