失業不安21年ぶり低さ

失業不安が21年ぶりの低さ 6月54%(日本経済新聞より)

 

失業への不安が和らいでいる。

日本リサーチ総合研究所発表によると、今後1年間に自分や家族が失業する不安があると答えた人は6月時点で54.2%調査開始の1997年8月以来で約21年ぶりの低さとなる。

賃金の伸びは緩やかでも、失業不安の後退が消費者心理を下支えしている。

 

失業への不安があるとの回答比率は2008年のリーマン・ショック直後に71.8%のピーク後も高止まりしていたが、12年末からの景気回復で求人が増加。

企業が人手不足感を強める一方、働く人たちの不安は和らいだ。

 

今の失業不安の水準はバブル崩壊後の金融不安がくすぶっていた時期とほぼ変わらない。21年前に比べると非正規雇用の割合が高く、景気回復が続いていても雇用に対する将来不安が残っていると見られている。

 

広島求人.comは、地元広島の転職、バイト探しを応援する、広島限定の求人サイトです。

広島で働きたい、地元広島の情報がいっぱいです。

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。