仕事「人並で十分」61%

仕事「人並みで十分」61% 今春の新入社員、過去最高 民間調査(日本経済新聞より)

 

「働き方は人並みで十分」

今春の新入社員を対象に実施したアンケートで、こう答えた新人が過去最高の61.6%に上ったとの結果が公表されました。

「人並み以上に働きたい」は今回31.3%にとどまり2倍近い差がついている。

 

今年、3月から4月に生産性本部が主催した研修参加の企業対象社員に行われた。

「ブラック企業が問題となるなど、働くことにネガティブな意識がもたれているのではないか。意欲が後退している印象」

 

アンケートで

「若いうちは自ら進んで苦労する気持ちがなくてはならないか?」の問いに

「進んで苦労すべきだ」47.1%を占め、「進んで苦労することはない」34.1%。

苦労すべきが上回ったもののその差は縮まってきている。

 

「デートの約束があったとき、残業を命じられたらどうするか」の尋ねに、残業派は68.5%でデート派は30.9%。

ここでもデート派が年々増加。

 

「日本の企業は、若い世代に夢を持たせることも必要ではないか」

 

広島求人.com】をご覧の求職者の皆さんはどちら派でしょうか。

職業意識や考え方は皆さん違ってきて当然と思います。時間内に責任をもって業務を行い貢献していくことも

生産性を上げて、自分の時間をつくるなど生産性の向上が必要ですね。

地元広島の転職、広島のバイト探しは、【広島求人.com】でおさがしください。

ここにしかない広島の求人が掲載中です。

 

 

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。