男性の当事者意識、世代で差

料理に対しての当事者意識は世代で差(日本経済新聞より)

 

「料理当たり前」40~50代は3割どまり

料理に対する男性の「当事者意識」には世代間で格差があるようです。

料理教室に6か月以上通った男性を対象とした調査では、20~30代の58.8%が「料理をすることが当たり前」と答えたが、40~50代は30.4%にとどまった。

 

一方、「必要に迫られなければやらなくていい」は20~30代の8.8%に対して40~50代は19.0%に達した。

 

料理教室への参加についても40~50代では「ためらいがあった」とする割合が44.3%、20~30代の29.4%に比べて高かった。

 

調査は、40代以上が高校の家庭科が男女共修となる前の世代である点に着目。

「料理は女性がするものという考え方を基に教育を受けた影響もあるのでは」としている。

 

広島求人.com】をご覧の皆さん料理のほうはいかがでしょうか。

男性の皆さん、料理に当事者意識をもって、当たり前にお料理をしませんか。男の料理いいですね。

地元広島の求人情報、広島の転職、広島のバイト探しを応援する私たちも男性の料理の当事者意識を応援します。

 

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。