◇働き方改革関連法案成立①  36協定

36協定は、残業や休日労働に関する労使協定

 

労働基準法第36条に基づくため「サブロクキョウテイ」と呼びます。

企業が、法定労働時間

1日8時間

週40時間

を超えて、社員を働かせるには、協定で残業の上限を定め、労働基準監督署に届け出る必要がある。

だが、特別条項を付ければ年に6か月までは上限を自由に設定できる。

認知度の低さも指摘される。

連合の調査によると、働く人の4割超は企業が残業を命じるのに協定が必要なことを知らない。

働き手側の意識の向上も必要です。

(日本経済新聞より)

 

広島求人.comでは、地元広島で転職、アルバイト、パートのお仕事をお探しの皆様に情報発信中。

働き方改革関連法案成立でこんなこともお伝えしています。

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。