インターバル制「検討せず」企業92.9%

インターバル制「検討せず」9割  (厚労省調査)

 

厚生労働省の就労条件総合調査によると、従業員が退社して翌日出社するまでに一定時間を空ける

「勤務間インターバル制度」の導入を検討していない企業が92.9%にのぼった。

政府は働き方改革の関連法案で同制度を企業の努力義務にするが既に一定時間を空ける運用が進んでいるとみる企業が多いようです。

既に、制度を導入しhている企業は1.4%だったほか、導入を検討している企業も5.1%にとどまった。(6,400社対象調査)

導入の予定がない企業の理由では、「制度を知らなかった」が40.2%最も多かった。

 

【広島求人.com】では、働き方改革推進中で、色々と働く環境整備に取り組んでおられる企業も多くあります。

広島の求人、広島の転職、広島のバイト探しは【広島求人.com】でおさがしください。

 

企業採用担当者様【広島求人.com掲載をご検討の企業担当者様】にも、広島の求人サイトとして情報発信中です。

地元広島の企業中心に、求職者の方々も、すべて地元広島が好き。広島の転職、広島のバイトを探されている方ばかりです。

インターバル制ご検討中ですか?

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。