◇働き方改革関連法案成立② 労働契約法20条

働き方改革 労働契約法20条

 

正社員など無期雇用労働者と、パートや派遣といった有期雇用労働者との間で不合理な待遇差を設けることは法律で禁止されている。

賃金だけでなく、福利厚生や職業訓練などあらゆる労働条件が対象。

 

これまで労働契約法20条で定められていた待遇差を禁じる規定は、今回の働き方改革関連法でパートタイム労働法に移る。

最高裁判所は6月の判決で定年退職後の再雇用などで待遇差が生じること自体は認めつつ、一部の手当を支給しないことは「不合理で違法」とした。

 

(日本経済新聞より)

 

広島求人.comでは、地元広島で転職、アルバイト、パートのお仕事をお探しの皆様に情報発信中。

働き方改革関連法案成立でこんなこともお伝えしています。

 

 

 

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。