◇働き方改革関連法案成立④  年次有給休暇

休んでも賃金が払われる休暇

 

休んでも賃金が支払われる休暇。

企業は6か月以上勤務する従業員に対し、最大で年20日間与えなければならない。

 

実際の取得率は、2016年時点で49.4%にとどまる。

従業員が申請して取得する仕組みのため、職場に迷惑がかかるといった「ためらいが取得率が低い一因」(厚生労働省)

 

新制度は、企業が働き手の希望を踏まえ、時期を指定して年5日は取らせるようにする。

違反企業には罰金を科す。

20年に取得率70%をめざす。

(日本経済新聞より)

 

広島求人.comでは、地元広島で転職、アルバイト、パートのお仕事をお探しの皆様に情報発信中。

働き方改革関連法案成立でこんなこともお伝えしています。

 

 

 

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。