②70歳雇用 企業に負担重く

70歳雇用 企業に負担重く 高齢者の意欲どう確保(日本経済新聞より)

 

希望する高齢者は70歳まで働けるように政府が環境整備に乗り出す背景には、15~64歳の生産年齢人口の減少を補いつつ、経済と社会保障の担い手を増やしたいという狙いがある。

企業にとっては人出不足解消の一助となるが、既存の人事、賃金制度との兼ね合い、企業が負担する社会保険料の増加など課題は残る。

 

現役世代を指す生産年齢人口は1995年の約8700万人を頂点に減少が止まらない。

高齢者人口がピークを迎える2040年には6千万を割り込む見通し。高齢者の労働市場への参入を通じた働き手の確保は課題。

 

人出不足の追い風を受けて高齢者の雇用は増え続けており、就業人口も増加している。

高齢者や、女性の労働参加が今後も進めば一人の就業者が支える非就業者の人数は現在とほぼ変わらないか、むしろ負担が減る可能性も指摘される。

 

課題は、企業の人事、賃金制度との兼ね合い。

60歳定年後に働く、高齢者は正規雇用から非正規雇用に変わり給与が減る場合が多い。

男性の非正規率は55~59の約1割から、65~69歳には役7割へと上昇。

能力や、成果に見合った賃金を支払う仕組みに変えなければ、働く高齢者の意欲を引き出しにくい。

 

働く高齢者は、社会保険料を支払うので、社会保障制度は担い手が増えることにつながる。

しかし、社会保険は企業と折半するため、企業側の持ち出しは増える。

高齢者の継続雇用を促すには中小企業の社会保険料負担が過大にならないような配慮も必要となっている。

 

広島求人.comの高齢者の方々の転職はいかがでしょうか。

地元広島の高齢者の方々の仕事探し、高齢者の方々の転職、アルバイト探しは、広島求人.comでおさがしください。

また、お問い合わせもお待ちしております。

掲載企業以外にも、創業46年の蓄積された求人情報がほかにもご紹介できるお仕事もしっかりとご照会が可能です。

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。