就活ルール「必要」7割

就活ルール廃止について、大学生の7割が「就活日程ルールは必要」と答えた  就職情報大手調査(日本経済新聞より)

 

経団連発表の就活ルール廃止に伴い日程の目安がないと就活をいつから始めたらいいのか分からず、「勉強に集中できない」といった不安が広がっている。

就活の日程ルールについては「ルールが必要」との回答が70.7%を占めた。

そのうち、「今の日程ルールが良い」が24.2%

「今の日程でなくてもよい」45.5%

学生からは、「ある程度は日程の目安があるほうが就活を始めやすい」という声が多かった。

「大学1,2年から就活が始まってしまうと、学業もあり何をやっているのかわからない状態になる気がする。一定の時期のルールは必要だと思う」

一方、「ルールは必要ない」29.3%。

 

調査では、就活日程ルールがない場合、就活を始めたい時期を学生に聞くと、最も多かったのは「大学3年の4月」12.2%。

広報解禁前の大学3年の夏のインターンシップを就活ととらえている学生が多く、その流れを意識しているようだ。

次いで4年の4月(11.3%)、3年の12月(8.9%)

 

就活を終わらせたい時期は4年の4月が21.1%で最多。次いで4年の6月19.9%。

就活ルール撤廃で大学1、2年から長期の就活も予想される。

 

就活の環境も大きく変わってきているようです。

広島求人.comは、広島地元の求人サイトです。広島の転職、バイト探しの応援ですが新卒の方々もご参考にできる、地元最優先の地元広島密着の企業ばかりです。

企業担当者の方々も必見。

地元広島の求人情報は広島求人.com

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。