働き方改革 残業規制、身構える中小

働き方改革法成立 中小企業の業務効率化急ぐ(日本経済新聞より)

 

・中小企業は

人手不足と感じる・・・74%

 

・人手不足解消への壁は?

資金不足(賃上げ・設備投資)48%

業務効率化を実行できる人材不足 46%

経営・管理層のノウハウ・知識不足 30%

労働環境を巡る法改正や規制 27%

 

このほど成立した働き方改革関連法は、大企業だけでなく中小・スタートアップ企業も対象で多様な働き方で先行するスタートアップは同法に先駆けて取り組みが進む。

一方で、慢性的な人手不足に悩む中小からは、労務管理の強化が経営を圧迫しかねないと懸念の声が上がる。負担増だけに目を向けずに、人材獲得も見据えて環境整備を進めるべきだとの指摘も出ている。

 

中小への影響が大きいのは年720時間を上限とする残業規制や、労働時間の把握義務、月60時間を超える残業の割増賃金率を50%以上と2023年には大企業並みに引き上げること。

残業規制などは、大企業への導入より1年遅れで猶予期間が設けられるが、1年で根本的な状況改善には繋がらないとの見方もある。

 

中小、スタートアップとも機動力、残業時間規制や残業代金など負担が重いのは事実となるが、前倒しで働きやすい環境を整えることで人手不足解消へとつながるとの指摘もあるようです。

 

広島求人.comでは、地元広島で転職、広島のアルバイト、パートのお仕事をお探しの皆様に情報発信中。

企業人事担当者様は本当に大変な環境です。

広島求人.comにご掲載をお考えの人事担当者様

広島求人.comでは、広告代理店とし、人事担当者の声をお聞きしてこのほかにも最適と思われる媒体のご提案もさせて頂いています。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。