シニア職場も人手不足

定年退職者の再就職が多いシニア職場の人手不足が深刻となっています。(日本経済新聞より)

 

シニア職場人手不足。

マンション管理や警備など、応募細りで賃上げが進んでいるようです。

 

マンション管理人の応募が年間1割以上減っているほか、警備、清掃といった業種でも人手不足が目立つ。

定年延長の動きに加え、他業種がシニア向け求人を増やしているためだ。

警備会社などは対応策に取り組んでいる。

 

「清掃・警備」と並んでシニアの職場の3定番と言われてきたマンション管理。応募が、ここ数年で急激に減ってきた。

活躍する多くは、定年退職後のシニア。2桁の応募減で、「シニアも争奪戦」となっている。

応募減の背景は、他業種でのシニアの活用の拡大。

「昔は、シニアを積極雇用する職場が限られていたが、ここ数年は小売り店や飲食店を中心に募集を増やしている」

 

実際のところ、求人媒体でも「60歳以上歓迎」の求人が、ここ2年で8倍となっている。

定年を延長する企業も増えている。定年後に再雇用したパート、アルバイトの雇用上限を70歳に引き上げるなど

このように、以前からシニアを雇用してきた業種は求人強化に動いている。

マンション管理、警備職はそれぞれ1.8倍と1.5倍。「平均時給は年約20円高と他業種と比べても伸びが大きい」

大手企業では、人手不足を補うためにロボットなどの活用を促進し開発中。

ただ、「シニアを戦力としてきた業界は圧倒的に中小企業が多く、解決策を見いだせずにいる」

 

「今年、79歳になるスタッフを採用したけれど、無理させないか心配」

シニア中心に年間100人採用する企業は人材募集広告費は倍増。

それでも、人材が必要。

 

総務省によると、60歳以上の就業者は、17年に1328万人。(5年で11%増)

企業の求人は、就業者以上に増えているため、不足感が解消する気配はない。

 

広島求人.comでは、地元広島の転職、広島のバイト探しなど、広島で働きたい。広島ならでの求人情報をお届けしています。

地元中小企業で、シニアも無理なく働ける環境の企業も多数掲載中です。

 

また、シニアの求人をお考えや、シニアのお仕事をご掲載希望の担当者様へ広島求人.com掲載のご案内

地元広島の転職、広島のバイト探しを中心にシニアの方々にも支持されています。

 

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。