介護・保育 企業が自ら教育

深刻な人手不足が続く介護や保育業界で企業が担い手の教育事業に乗り出す。(日経新聞より)

 

深刻な人手不足が続く介護・保育事業で、資格取得を支援する教育拠点を開設したり、未経験者に研修を施し自社で雇ったり、他事業者に紹介したりする事業を始めてきている。

外部人材の採用環境が厳しくなる中、自ら育成して囲い込む戦略に転換している。

 

厚生労働省では、介護人材は2025年には38万人の不足する。

保育士は、20年度末までに、新たな保育所整備に向けて7.7万人確保する必要がある。

 

未経験者から自社で資格取得を支援してそこで有資格者として働く。

このような、事業者の取り組みを通じ、業界全体で資格や経験を持つ職員が増えれば、現場の人手不足の軽減につながる可能性がある。

 

介護、保育だけではありませんね。

運送業などでも、お仕事をする資格として必要なものは、会社支援など、人手不足解消のためにいろいろな条件が増えてきています。

【広島求人.com】のお仕事の情報でも、待遇は必見!

今は、資格がないからとあきらめるのは早いです。

資格取得支援制度ありや、働きながら資格が取れます、資格なしでOK!など待遇面もシッカリとチエック!

【広島求人.com】は。情報量の多さも、見やすさも、探しやすさも、地元広島のサイトでは好評です。

地元で探そう!広島の転職、広島のバイトは【広島求人.com】でおさがしください。

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。