気を付けましょう インフル、大流行の兆しです!  

1月19日厚生労働省発表の1週間に報告されたインフルエンザの患者数は全国で171万人に

 

インフルエンザが大流行の兆しです。

この時期、受験、就職などなど最後の追い込みや大切な季節となりますが、ここにきてインフルエンザが大流行の兆しです。

これは、1定点あたり26.44人。(前週16.31人)

警報レベルに迫っています。

※警報レベルが30人

 

厚労省は、マスクの着用や手洗いなど感染防止対策の徹底を呼び掛けています。

現在、全国で171万人に達しています。

 

年齢別では40代が最も多く23万人、5~9歳21万人、20,30,50代が18万人。

報告数の多い県は、宮崎県52.83人など16県が警報ればる基準の30人を超えています。

学年、学校閉鎖も多くなってきており、また入院患者も80歳以上、70歳以上など高齢者の入院数が多くなっています。

 

広島ではどうでしょうか?

広島市HPより

2018年第2週(1月8日~1月14日)は682人(定点当たり18.4人)の報告があり、注意報レベルを超えています。

【広島市HPよりインフルエンザ情報について※予防の仕方もあります】

 

この時期、色々と大切な時期となっています。

インフルエンザにかからないように、予防をしっかりと行いましょう。

 

【広島求人.com】は、地元広島の転職、広島のバイト情報をお届けする、広島の求人サイトです。

この時期、年度変りも近づき、色々と忙しい時期です。

お仕事をお探しの方々も、風邪などひいてられない状況で、インフルエンザなどかかってられませんよね。

【広島求人.com】は、広島の求人情報も、広島のインフルエンザ、予防も今回はお届けしています。

寒い時期ですが、インフルエンザを吹っ飛ばして【広島求人.com】で、広島のお仕事をおさがしください。

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。