1日インターン過熱! 接触機会広がる 早期就活に拍車!

2019年春に卒業する学生の就職活動で1日限りのワンデーインターンシップが広がってきた。(日経新聞より)

 

2018年早々ですが、2019年卒業生の就活の情報です。

インターンシップは従来の5日以上の日数規定を廃止して、ワンデーインターンを実質的解禁したため、インターン自由化の初めての年となります。

これは、就活の早期化に拍車をかける弊害ともなっているようです。

 

経団連参加企業は、3月に説明会、6月に面接が解禁とまりますが、これとは別に学生に実態を知ってもらう狙いからインターンを実施している企業も多いですね。

 

短期のインターンシップは、長いインターンシップと違い、地方在住などで参加しにくい学生も気軽に参加できるとか、企業はコストを抑えながら多くの学生と接触できるメリットもある。

この取り組みは学生にも好評のようです。

 

ただ、インターンを隠れみのにして実際に選考する企業も出始め本来の就業体験ではなくなることも起こっているようです。

 

人手不足を背景に19年卒の就活も売り手市場が続き、学生は多くの企業のインターンも体験でき企業を選別する目は厳しくなっているため、インターンを行う企業はより内容の充実が求められてくるようになります。

 

【広島求人.com】をご覧の皆さん、19年新卒学生の活動はインターン(職場体験)から始まっています。

即戦力を求めていく企業も多くあり、【広島求人.com】の広島の転職、広島のバイト情報は毎日更新中です。

職場見学もできる企業もあり、皆さんのお仕事探しを応援しています。

インターンでなくても、お電話やお問い合わせで、掲載企業には内容が確認できます。

お気軽にお電話、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。【広島求人.com】を見ましたと言っていただきますとスムーズです。

広島の転職、広島のバイト探しは、毎日更新の【広島求人.com】でおさがしください。

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。