賃上げ率 中小企業>大企業

賃上げ率 中小企業>大企業(日経新聞より)

 

中小企業で働く人の賃金が上がっている。

連合がまとめた2017年春季労使交渉でのベースアップ率は大企業の0.47に対し、中小は0.56%と2年続けて中小が大企業を上回っている。

 

背景には、若い世代の人材不足がある。

総務省によると、25~34歳の人口は17年11月時点で1,337万人。

5年前より151万人の減少。

また、中小企業は大企業よりも人手不足感が強い。

売り手と買い手の市場原理が大企業との逆転を生んでいる。

 

人手不足で雇用は拡大して、働く人が受け取る賃金の総額は5年連続で前年を上回る。

ただ、これまでの伸びは働く人が増えたことが大きい。

賃上げに踏み切る企業は多いものの新たな働き手の女性や高齢者は賃金は少なく、1人当たりの

賃金の伸びは押さえられている。

既に市場原理は色々な形で賃金を動かしている。

パート、アルバイトの人手不足は深刻。

時給アップで、人件費が増えるが人手確保も急いでいる。

平均賃金も20代、30代は増加傾向であるが、40代は減少傾向。

40代に関しはデフレ世代で、賃上げよりも雇用優先の世代。

40代の賃金に関しては成果を出して賃金を上げる循環も必要。

 

【広島求人.com】は、地元広島の中小企業も多数掲載中です。

中小>大企業の傾向もありますが、40代に求められる成果給も、中小企業はやった分だけの還元も

シッカリとある企業も多いです。

広島の転職、広島のバイト探し、女性も、高齢の方々も、広島の仕事探しは【広島求人.com】でおさがしください。

元気な、広島の中小企業も多数掲載中です。

 

例えば頑張った分だけしっかり稼げる

【こんなお仕事】

【おすすめのお仕事】

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。