定年延長について

定年延長 契約や嘱託での雇用多く(日本経済新聞より)

 

企業では、定年の継続雇用導入や定年の廃止企業もでてきているようです。

 

日本では、戦前の不況で人員を抑制するため、労働者が一定の年齢に達すると雇用関係が終了する定年制が普及したとされる。

戦後は年金支給開始年齢の引き上げに合わせるように定年が設けられてきた。

定年の年齢は55歳が主流だったが、1986年に施行された高年齢者雇用安定法で60歳定年が努力義務となると

定年を60歳に引き上げる企業が相次いだ。

 

2013年に施行された改正高年齢者雇用安定法では、60歳の定年後も希望者全員を雇用することを企業に義務付けた。

企業は25年度には65歳まで雇用しなければならない。

厚生年金の受給開始年齢が引き上げられるため。

ただ、定年を廃止、延長する企業は少なく、約8割は従来の定年制を残し、契約や嘱託などの形で働き続ける継続雇用制度を採用している。

 

【広島求人.com】もシニアのお仕事掲載中!

定年を迎えても、働きたい。

また、定年を迎えた方々を歓迎している企業も多くあります。

広島の転職、広島のバイト探しに、広島の求人情報は【広島求人.com】でおさがしください。

 

こんな広島の求人情報もあります!

65歳以降の再雇用ありのおしごと

定年後のシニア向きのおしごと

幅広い年齢に方々が活躍中

 

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。