保育士、派遣料5%高(1月)

保育士派遣料5%高(日本経済新聞より)

企業型保育所増加が追い風

 

保育士の派遣料金が上昇している。

専門派遣会社では5%前年より高くなっている。

 

都市部を中心に、自治体による認可や認証保育所に加え、国の支援を受けて企業が運営する

「企業主導型保育所」が増え、保育士が不足しているためだ。

 

派遣料金は、人材会社が派遣先から受け取る料金。

派遣料金のうち7割が社員の時給となる。

1月の料金は、東京23区で1時間2,140円と前年より5%高い。

保育士の数が足りていない現状。

 

総務省によりますと、派遣形態での就労者は全国で134万人。そのうち保育士は1%に満たない現実。

一方では、待機児童の増加を背景に保育所数は増えている。

厚生労働省調査では、17年4月で保育所数は全国で32,800か所。(広島市249園:広島市HPより)

企業主導型保育所の増設が目立つ。

新年度から受け入れ数を増やしたい認可や認証保育所も人員確保を急いでいる中、大手派遣企業ではでは

派遣数は5割増えているようです。

 

保育士さん=働きやすい職場作り、環境で育児中の就労支援では欠かせないものです。

保護者の方も、子供たちを安心して預けられる場所である保育園。

保育園のバックボーンがあるためにお仕事もこなせる。しっかりとお仕事に身が入ることと思います。

企業も、育児中の皆さんを応援する環境を整えてきています。

地元広島で働きたい。安心して働きたい。

【広島求人.com】はそんな皆さんの、広島の転職・バイト探しを応援しています。

 

 

 

週刊求人社へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。